四十八手:立ち花菱(たちはなびし)

四十八手のひとつ「立ち花菱」とは、クンニのことです。
背中に枕を当てて仰向けにとなった女の子が脚を大きく開き、膣を男の子に見せます。
あらわとなった女の子の膣を、男の子が口を使って愛撫をする体位です。

たちはなびし

この体位はペニスを膣に挿入する前の前戯として良く利用される体位です。
女の子があまり濡れない時にも、男の子が女の子の膣を舐めることで唾液が潤滑油となりペニスを膣に挿入しやすくなります。
男の子は女の子の膣をただ舐めるだけでなく、膣の穴に舌を入れて膣内の粘膜を舐めまわしたり、クリトリスを吸ったり、尿道を舌先で攻めてみたりと、様々な行為を楽しみましょう。
女の子にすべてを開かせるようなイメージで攻めると良いですね。
女の子を濡らすだけでなく、丸見えになった膣に男の子自信も興奮しペニスをビンビンに勃起させます。

この体位は女の子の恥ずかしい部分を丸見えにさせ、更に男の子に味合わせる行為ですから、恥ずかしがる女の子も少なくありません。
膣の色や形だけでなく、味や匂いまでも男の子にさらけ出す事となりますから、お互いにこの体位を楽しみたいときに利用するとよいでしょう。

ひと通り楽しんだら、ヌルヌルとなった膣にビンビンに勃起したペニスを挿入して、気持ちいいセックスを楽しんでください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です