ポリネシアンセックスで究極の快感を得る

ポリネシアンセックスとは、ニュージーランド、ツバル、サモア、トンガなどといったポリネシア地方に伝わる伝統的なセックスの方法。肉体的な快楽よりも、精神的なつながりを重視したセックスです。

4日間は愛撫のみ、5日目に挿入を行うというもの。日本では五木寛之氏の著書『サイレント・ラブ』などで紹介されたことから有名になりました。長い時間をかけて愛情を確かめ合うことができるため、お互いに対する愛や精神的な充足を感じることができます。また、通常のセックスでは一瞬しか得られなかった快感が持続し、これまで感じたことのない深いオーガズムを感じることができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です