四十八手:菊一文字(きくいちもんじ)

四十八手のひとつ「菊一文字」は側位の一種です。
女の子が座り、脚を大きく広げて膣を露出させます。
男の子が横になって身体を真っ直ぐに伸ばし、女の子の膣に勃起したペニスを挿入してセックスをします。
女の子は座ったままでも良いですし、寝ても良いです。

きくいちもんじ

この体位は女の子が脚を大きく開くことで深い挿入を楽しむことができます。
男の子はペニスで膣の奥を突き、女の子の子宮口付近にあるポルチオ性感を刺激してあげてください。
男の子は手が空きますから、クリトリスを刺激したり、乳首を刺激したり等、女の子の身体を触りながら腰を振り、セックスを盛り上げてください。
女の子が脚を大きく広げると膣の締りが程よくなり、膣粘膜がペニスにねっとりと絡むようになります。
女の子は上のイラストのように後で手をつくように座ると、腰を振りやすいですね。
二人で腰を振るリズムを合わせて、エッチなピストン運動をしてください。

この体位はペニスを膣に深く挿入することができるため、この体位で中出しをすると、精液を膣の奥深くで出すことができます。
中出しをした後、女の子が身体を起こしている状態でペニスを抜くと膣からすぐに精液が漏れ出てきますから、ベッドを精液で汚さないよう気をつけてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です