四十八手:宝船(たからぶね)

四十八手のひとつ「宝船」は騎乗位の一種です。
男の子が仰向けになり、女の子が男の子の上に座りペニスを膣に挿入します。
そして女の子が男の子の脚を抱きかかえることで宝船が完成します。
何とも縁起の良い名前の体位です。

たからぶね

この体位では女の子が男の子の脚を抱いているため、安定感を持って腰を振ることができます。
女の子はクリトリスを男の子の脚に押し付けるように腰をふると、とても気持ちよくなれます。
男の子は身体を傾けて挿入角度を調整してあげると良いでしょう。
女の子の腰のリズムに合わせて、女の子の膣を下から突き上げます。
お互いの腰のリズムが合うと、ペニスが膣に非常に気持ちよく出し入れされることとなります。
女の子が膝を曲げると、ペニスが膣により深く挿入できます。

この体位は比較的挿入が浅くなります。
さらに騎乗位ですから、この体位で中出しをすると、精液が膣からすぐに漏れ出てきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です