四十八手:鳴門

四十八手の一つ「鳴門」は座位の一種です。
男の子がソファに座り、その上に女の子が脚を大きく広げて男の子に対して背中を向けるように座り、勃起したペニスを膣に挿入します。
女の子が腰を回すように動かすことで、「鳴門」となります。

なると

この体位は女の子が主体となって腰を動かす体位です。
脚を大きく広げているため挿入も非常に深いものとなります。
男の子のペニスが膣内の気持ちいい部分にリズミカルにこすれるように腰を動かすと良いですね。
気持ちよくなってきたら腰を回すことにこだわらず、好きなように腰を振ってください。

男の子は両手が空きますから、女の子の乳首やクリトリスを刺激し、セックスを盛り上げてください。
女の子の腰の動きに合わせて女の子の膣を下から突き上げるのも良いですね。

この体位は挿入が非常に深いため、この体位で中出しをすると精液を膣の奥に送り込むことができます。
ただし、女の子が身体を起こしているため、精液がすぐに膣から漏れでてきます。
漏れでてきた精液でソファを汚さないように気をつけましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です