四十八手:雁が首

四十八手のひとつ「雁が首」はフェラチオのことです。
仰向けになった男の子の勃起したペニスを女の子が口を使って愛撫します。
女の子が男の子のペニスを咥え、舐めます。
口内の粘膜や舌で男の子のペニスのサオ部分、亀頭、睾丸を刺激します。

かりがくび

この体位はセックスをするときの前戯によく利用されます。
女の子がペニスを咥えてくれるのは男の子にとってとても嬉しいことですし、とても気持ち良いものです。
口の中で亀頭やカリを舐め、好きな男の子のペニスを味わってください。
ペニスの匂いが苦手な女の子は、男の子にペニスをよく洗ってもらうと良いでしょう。
よく洗っておけば匂いはほとんどありません。無味無臭ですが、男の子のペニスの熱さと力強さを味わうことができます。

口だけでなく、手も補助的に使うと良いですね。
サオ部分をしごきながら亀頭を舐めたり、ペニスを舐めているときに睾丸をいじったりなど、様々な楽しみ方ができます。
裏筋を舌でなぞるように舐めるのもよいですし、亀頭の先の穴に舌先を入れるのもよいでしょう。

フェラチオにより男の子も興奮しますし、舐めている女の子自身も興奮してくるものです。
気持ちが高まってきたら性器を結合させましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です